【極悪悪意】お祭りで。おじさん「これやるよ(袋スッ」私「あ、砕けたべっ甲飴だ!」⇒実はべっ甲飴なんかじゃなくて・・まさかの・・・・

ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの

 

屋台が出ており、そこで

 

 

『べっ甲飴』の屋台が出ていました。
飴は小さくてまるい物という

 

認識しかなかった私は、色付きガラスの様な

 

べっ甲飴とむせ返る様な飴の甘い匂いにわくわくしました。

 
一緒にいた両親は

 

『綺麗ね』とは言うが、

 

『虫歯になってしまう』

 

『こんな大きいのは食べ切れない』

 

などの理由で買ってはくれず、

次ページへ続きます