観月ありさ『櫻子さんの足元〜』が史上最低を更新?セレブ婚で女優限界説、”あの発言”で好感度もダダ下がり

観月ありさ、女優限界説

5月14日に放送された、観月ありさ(40)主演のフジテレビ系ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の第4話が、5.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と低視聴率を叩き出したことが分かった。

同ドラマは初回平均視聴率6.9%から右肩下がりで、このままいけば全話平均が5%を下回る可能性とともに、2015年に同局のドラマ『HEAT』の第6話が記録した、ドラマ最低視聴率2.8%の更新まで見えてきている。

さらに、フジテレビの亀山千広社長(60)の退任が決定となる役員人事も発表されたことも大打撃となった。
就任当時に打ち立てた「ドラマの復活」の願いも虚しく、亀山社長戦略の象徴ともいわれた“日9”枠は、退任とともに無くなるという結果になったようだ。

今作は、観月の「26年連続ドラマ主演」という話題で注目を集めたものの、実際は”観月主演”というキャスティングミスが、原因の一つだとの声が多くあがっているという。
それは一体なぜだろうか?