彼父「将来は同居して。」私「彼と両親の老後は自分で責任を取ると決めてます。」父「養って貰う立場なのに?」私「生活費折半だし彼の倍近く収入あるので。」彼「ええ!?」

彼父「しかし、稼ぎの関係上、
   貴方は息子の扶養に入るだろうし…」

私 「でも私の方が稼ぎが多いですよ

彼 「そんなことはありえないだろう」

彼父「そうだよ、息子は仮にも○○(御立派な職業)だし」

私 「そうですかねえ。彼くんは収入教えてくれないからもしかしてそうなのかもしれないけど、
   でも私、○○の平均年収の倍近くは収入ありますよ。不労収入があるから

彼 「ええ!?幾らくらい!?」

私 「彼くんが私の収入に甘えるといけないから教えない(私が年収尋ねた時に、彼が言った台詞そのまま)」

実は私、実家が結構大き目の会社やってる上に、

元々が資産家の家系で中学生の時から自分名義の土地を持ってた。

元々は広いだけで二束三文の土地だったんだけど、

すぐ近くに大学と専門学校が越してきてくれて、

学生向けの月極駐車にしたらウハウハ状態。