南アフリカ・スマホに夢中の入国審査官、パスポートに入国許可スタンプを2回押すも「珍しいことではない」

スマホに夢中の入国審査官、「珍しいことではない」

多い時で、一日に1万9千人ほどが国境を通過するといわれる南アフリカとジンバブエの国境にあるベイトブリッジ。

出入国の管理や、外国人の在留手続きなどの事務処理を行う入国管理局は、忙しい中でも厳密な審査を行わなければならない。
しかし、あるジンバブエ人が、南アフリカの入国管理局で“ながらスマホ”の光景を動画に収めたことが話題となっている。