イギリス・ピザハットが注文を間違え、アレルギー疾患の2歳児がショック症状に!!親が何度も確認していたにもかかわらず…

深刻な乳製品アレルギーを抱える息子のために、父親が何度も注文を確認していたにもかかわらず店員の手違いにより別のピザを手渡され、それを食べた男児はショック症状に陥った。幸いにも男児は一命を取り留めたが、父親は「このような恐怖は他の誰にも味わってほしくない」と環境衛生局に報告したという。英メディア『Mirror』『real fix』『Metro』などが伝えている。

英ウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォードのシップリーに住むハッサインさん一家は4月8日、ランカシャー州ブラックプールにある「Pizza Hut(ピザハット)」で息子ザヤーン君(2歳)のためにヴィーガン(完全菜食主義)の子供用マルガリータピザを注文した。

ザヤーン君は重度の乳製品アレルギーを抱えており、父のサジッドさん(33歳)は店側にその旨を伝え、マルガリータを“デイリーフリー(乳製品不使用)”にしてもらうことを4度も確認した。ところが手渡されたピザは、普通のマルガリータでチーズが含まれていたのだ。

「ピザを受け取った時にも、そのピザが間違いなくデイリーフリーのものであるかを再確認しました。間違いないとスタッフに言われたので、私たちは息子に食べさせたのです。」

しかし10分ほどして、ザヤーン君の具合が急変した。ザヤーン君は父や母サミアさん(33歳)の呼びかけにも反応しなくなり、嘔吐を始めた。「ひょっとしてアナフィラキシーショック症状では」と思ったサジッドさんは、すぐにザヤーン君に吸入器と抗ヒスタミン剤を与え、救急車を呼んだ。

「救急車を呼ぶ時にも、息子は激しく嘔吐し続けていました。駆けつけた救急隊員から息子が低酸素状態に陥っていると伝えられ、病院に着いても息子の容態は更に悪化し、蘇生処置を行わなければならなかったほどです。」