滋賀・交番で上司射殺の19歳巡査、直前映像に“一緒に弁当食べる姿” 事件直前まで言い争う姿は写っておらず


今月11日、彦根市の河瀬駅前交番で、41歳の巡査部長が勤務中に頭と背中を拳銃で撃たれて死亡。
同じ交番に勤務していた19歳の男の巡査が殺人の疑いで逮捕された。

巡査はこれまでの調べに対し、「叱責されたため殺害した」と話しているということだが、警察によると、交番内の防犯カメラには、犯行のおよそ30分前に2人が並んで弁当を食べている姿が写っていた。

カメラは映像のみで音声は収録されていないが、事件直前まで言い争うような様子は確認できなかったという。
また、巡査は交番のパトカーで逃走中に、愛荘町の民家の縁石に衝突する物損事故を起こしていたことも明らかにされた。