千葉・「病院のお風呂に一緒に入ろうか」生活保護受給20代女性にセクハラ発言!職員を懲戒処分

「病院のお風呂に一緒に入ろうか」生活保護受給の女性にセクハラ発言

※画像はイメージです。

千葉県市原市は1日、生活保護受給者の女性に性的な発言をしたほか、遅刻を繰り返したとして市保健福祉部生活福祉第2課主任の40代の男性職員を、減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表。

この職員は、「病院のお風呂に一緒に入ろうか」などと発言していたという。