子供の頃の不思議な体験:父の勤める鮮魚店に、顔半分が溶けたように崩れ落ちているおばあさんがいたんだが…

父の勤める鮮魚店に、顔半分が溶けたようなおばあさんが来ていたんだが…

平成初期の頃、おれはローカルな街に住む小学一年生だった。

父は鮮魚店に勤めていて、そこに顔半分が溶けたようなおばあさんが、客として来ていて…。