滋賀・河川敷に遺棄された母の遺体を切断!娘が容疑を認める 日常生活では検出されない量の血液反応が確認される

河川敷に遺棄された母の遺体を切断 娘が容疑を認める

滋賀県守山市で、母親の遺体の一部を河川敷に遺棄したとして、看護師の娘が逮捕された事件。

その後、遺体を切断した疑いで、娘が追送検されていたことが分かった。